1998年『ベイブ/都会へ行く』編

動物がしゃべることの違和感を克服

いよいよ書籍の出版が8月に迫った『押井守の映画50年50本』から、今回は1998年の1本をピックアップ!! 押井監督が選んだ作品は、なんとジョージ・ミラー監督の『ベイブ/都会へ行く』!! 愛犬家の押井監督だからこその鋭い考察は必読です!!

──押井監督は『ベイブ』のTシャツをお持ちなのですよね?

押井 仕事でアメリカに行ったときに、ユニバーサル・スタジオで買った。映画スタジオのユニバーサルではなくて、テーマパークのほうのユニバーサル・スタジオのことね。あそこで売っているという情報を聞きつけたので、『ベイブ』のT シャツを買うためだけに入場して、買って、10分で帰った。アトラクションに興味なし。「10分で出てきたのは、あんただけだよ」と言われた(笑)。それくらい『ベイブ』に入れ込んでいた時期があったんだよ。

──それは今回の『ベイブ/都会へ行く』のTシャツですか?

押井 ちがうよ。1本目の『ベイブ』(95)のTシャツ。クリス・ヌーナンが監督した1本目は、誰もが認める大傑作。ジョージ・ミラーにバトンタッチした2本目の『ベイブ/都会へ行く』は......問題外(笑)。

──えっ、でも、1998年の1本として選ばれていますよね!?

押井 台詞に合わせて動物の口をCGで動かしてみせた「リップシンク」の技術は両作とも素晴らしかったから、2本セットで語るべき映画ではある。と同時に、1本目と比較することで、なぜ2本目がダメなのかが分かる。

──『ベイブ/都会へ行く』は、井戸が壊れて、主人公が旅に出て、仲間を増やして、戻ってくる。そして最後に井戸を直して、水が溢れる。ジョージ・ミラーの『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)の展開に共通する、ミラーらしさを感じる映画ですが?

押井 街に行っちゃった時点で、ダメだと思った。子ブタのベイブが街に行っちゃうと、途端に「造り物」感が出てしまう。牧場の風景だからこそ、動物たちがしゃべっていることを許容できる。1本目は、計算し尽くされた映画だった。「なにをやったらいけないか」から出発して、「やるべきこと」を割り出していた。

──どういう意味でしょうか?

押井 映画って、なにをやってもいいと思いがちなんだけど、実は、地雷原の山なんだよ。その地雷を1つでも踏むと、途端に嘘っぽくなってしまう。ファンタジー映画やSF映画だけじゃなくて、戦争映画や怪獣映画も同じなんだよ。うちの奥さんは、SFやファンタジーに興味がない人なんだけど、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作(01-03)や『ハリー・ポッター』シリーズ(01-11)は、テレビでやっていると必ず見ちゃう。「ちゃんとしている映画は面白いわね」って。奥さんが言う「ちゃんとしている」という言葉の中身は、僕に言わせると、「地雷を踏んでいない」ということ。地雷原のリストを作って、それらを避けるようにして作った、周到な映画なんだよ。だから、1本目の『ベイブ』がなぜ成功したのかについては、いくつか理由があるはずだと思って、見た当時かなり熟考した。「動物がしゃべる」という非現実を舞台にして、その違和感のハードルをいかに越えていったのかは、考察に値する。

押井守の映画50年50本