手塚治虫

マンガ家デビュー70周年記念

手塚治虫作品刊行中!

特集「手塚治虫のエロティカ」(『新潮』2016年12月号)
©手塚プロダクション

特集「手塚治虫のエロティカ」
(『新潮』2016年12月号)

手塚治虫の遺稿29点を掲載!

新潮社

A5判/352ページ(うち特集32ページ)
発売日:2016年11月7日
定価:特別定価1,030円(税込)

12月7日発売の「新潮」2016年12月号では、手塚治虫 漫画家デビュー70周年記念企画として「手塚治虫のエロティカ」と題した32ページにわたる特集が組まれました。
巻頭グラビアに初公開となる遺稿がカラーで25点掲載されたほか、 記事中にモノクロ4点が掲載されています。

特集記事は以下の通り。
「手塚治虫のエロス」筒井康隆
「密かな父の享楽に触れ……」手塚るみ子
「解説・メタモルフォーゼの魅惑」中条省平
「解題・習作に見る描線へのこだわりと表現力」濱田高志

また「70周年記念本紹介」として玄光社、国書刊行会、立東舎から刊行中の関連書が紹介されました。

Amazonで購入 HP

『漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~』 『漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~』
©手塚プロダクション

『漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~』

漫画界のレジェンドたちが手塚治虫をマンガ化

秋田書店


発行・秋田書店
定価・1620円(本体1500円+税)
仕様・A5判 226ページ 箔押しセミハードカバー
発売日・2016年11月11日
ISBN978-4-253-10317-6

日本一有名な漫画家・手塚治虫。仕事に真摯でファンに優しく才能にあふれる漫画の神様です。でも、この本に描かれている神様は怒ったり逃げたり…いい神様ばかりではありません。神様に憧れ慕ってきた後輩漫画家たちがマンガに描いた神様のリアルな姿を見てみませんか。トキワ荘時代から昭和後半までの手塚治虫を描いたマンガ8本と自伝マンガ[がちゃぼい一代記]を掲載。他に、アシスタントや関係者による描き下ろしコミックとコメントも新たに収録。

著者・手塚治虫、藤子不二雄(A)、石ノ森章太郎、古谷三敏、永島慎二、里中満智子、みなもと太郎、村野守美、さいとう・たかを、松本零士、水野英子、三浦みつる、堀田あきお、辻真先、二階堂黎人、手塚眞、松谷孝征
発行・秋田書店

Amazonで購入 HP

手塚治虫表紙絵集 手塚治虫表紙絵集
©手塚プロダクション

玄光社MOOK「手塚治虫表紙絵集」
OSAMU TEZUKA COVER ART ARCHIVES

手塚治虫がその生涯で手がけたあらゆる「表紙」を収録!

玄光社

監修:森 晴路(手塚プロダクション資料室室長)
企画・編集:濱田高志、吉田宏子
A4判/248ページ
発売日:2016年10月下旬
定価:3,240円(本体3,000円+税)

手塚治虫がこれまでに手がけた表紙絵すべてを集めた初の表紙絵集。戦後間もない頃の初期作品から晩年の作品まで、単行本、雑誌表紙、各種全集はもちろんのこと、雑誌付録やレコード、カレンダー、他の作家のために描いた書籍カバーまで、ありとあらゆる表紙絵およそ1,200点収録した決定版!

時系列による表紙絵紹介/インタビュー:江口寿史(漫画家)、祖父江慎(デザイナー)、菊池亜希子(女優・モデル)/寄稿:二階堂黎人(作家)/年譜

Amazonで購入 HP

手塚ジャングル大帝
©手塚プロダクション

手塚治虫カラー作品選集 第1回配本
『ジャングル大帝』

不朽の名作『ジャングル大帝』、幻のカラー版がついに完全復刻!

国書刊行会

企画・編集:森晴路(手塚プロダクション資料室室長)、濱田高志
体裁:B5判・上製ハードカバー・貼函入・344 頁
定価10,800円 (本体価格10,000円)

《手塚治虫カラー作品選集》(全3巻)刊行開始! 幻の「ディズニーランド」版『ジャングル大帝』から、淡く上品な〈手塚カラー〉が楽しめる童話・幼年漫画、そして今までモノクロでしか単行本化されていなかった少女漫画まで――手塚治虫の鮮やかなカラー作品を、雑誌発表時のオリジナルの状態で初単行本化。巧みなストーリーテリングと豊かな色彩を存分に堪能できる決定版選集がついに登場!
第1回配本は不朽の名作『ジャングル大帝』、幻のカラー版がついに完全復刻! その他、オールカラーがメインの学年誌・幼年誌漫画(「ぼんご」「ぽっかち」「リンリンちゃん」)を収録。

*全3巻構成
『ジャングル大帝』 収録作品:「ジャングル大帝 ディズニーランド版」(カラー+1色/128頁)「ぼんご」(オールカラー/95頁)「ぽっかち」(カラー+2色/48頁)「リンリンちゃん」(2色+1色/56頁)
『チッポくんこんにちは』(2016年11月下旬刊行予定) 愛くるしい動物キャラクターが活躍する童話的な学年誌掲載作品を中心に、全集未収録や、現在モノクロでしか読めない作品を多数収録。“手塚カラー”というべき、淡く上品で、奥深い色彩を忠実に再現した決定版! 収録作品:「チッポくんこんにちは」「とべとべるんちゃん」「ピンピン生ちゃん」「らびちゃん」「びいこちゃん」他
『こけし探偵局』(2017年2月下旬刊行予定) 少女漫画誌に連載された可憐で煌びやかな4作品を雑誌掲載時オリジナル版として初単行本化。手塚ファンだけでなく少女漫画ファンをも魅了する作品集。 収録作品:「こけし探偵局」「あけぼのさん」「ヨッコちゃんがきたよ!」「野ばらの精」

Amazonで購入 HP

ぼくはマンガ家 ぼくはマンガ家
©手塚プロダクション

ぼくはマンガ家

巨匠自らが綴った栄光と挫折の日々。唯一の自伝、待望の新装版!

立東舎

著者:手塚 治虫
定価:972円(本体900円+税)
仕様:A6判/448ページ
発売日:2016.7.20

マンガの神様が自ら綴った半生記が、文庫新装版として待望の復刊。宝塚歌劇、映画、天文学から昆虫まで、多感な幼少期の逸話をはじめ、デビュー時の思い出や国民的人気マンガ家となってからの栄光と挫折の日々を描いた本書は、手塚治虫が遺した唯一の自伝であるとともに、漫画史の貴重な記録でもある。加えて〈鉄腕アトムクラブ〉に連載されたもうひとつの回想録「ボクのまんが記」を文庫初収録!! こちらは、随所にイラストが添えられた楽しい作品。

カバーイラストレーション&デザイン:和田誠

Amazonで購入

手塚治虫小説集成
©手塚プロダクション

手塚治虫小説集成

マンガの神様は小説の名手でもあった!

立東舎

著者:手塚 治虫
定価:972円(本体900円+税)
仕様:A6判/480ページ
発売日:2016.7.20
ISBN:9784845628223

SF、ミステリからスリラーにファンタジーまで。マンガの神様・手塚治虫が、ストーリーテラーとしての手腕を遺憾なく発揮した「小説」の数々をこの一冊に集約。執筆時期は1943年から86年と長期に渡り、本書によって手塚治虫がいかに情熱を込めて「小説」を執筆していたかがわかる趣向だ。私立探偵の鳳俊介が活躍するSFジュブナイル「蟻人境」や、意外な結末が用意されたショートショート「ハッピーモルモット」、“あの世”で暮らす家族を描いた「あの世のおわり」、さらには絵物語「羽と星くず」、おなじみヒョウタンツギをメインに据えた「妖蕈譚」などなど、文庫初収録作品を含む全18編で編んだ決定版!

カバーイラストレーション&デザイン:宇野亞喜良

Amazonで購入

手塚治虫映画エッセイ集成 手塚治虫映画エッセイ集成
©手塚プロダクション

手塚治虫映画エッセイ集成

映画への愛情と憧憬を綴った傑作エッセイの数々が待望の初文庫化!!

立東舎

著者:手塚 治虫
定価:972円(本体900円+税)
仕様:A6判/528ページ
発売日:2016.8.19
ISBN:9784845628292

漫画家として、またはアニメーション監督として多忙な日々を送るなか、年間365本の映画を観ると誓いを立て、それを実践した筆者が、その幅広い知識と映像体験をもとに、映画への限りない愛情と憧憬を綴った映画エッセイをこの一冊に集約。瀬尾光世からウォルト・ディズニー、オーソン・ウェルズにビリー・ワイルダー、ジャック・タチ、さらには黒澤明、ジョージ・ルーカス、ウディ・アレンまで。実写もアニメも、娯楽作も実験映画も、古今東西のさまざまな作家や作品を語り尽くす。これまで単行本未収録だったエッセイ12篇を初収録した決定版!!(「観たり撮ったり映したり」改題)。雑誌連載時の手塚自身による挿画を57点すべて収録!

カバーイラストレーション:古川タク

Amazonで購入

■NEWS

2016/10/7
10月7日発売の『新潮』(11月号)に、11月3日21時からNHK-FMにて放送予定「手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽」の番組概要を、同番組を企画・構成した濱田高志氏が「天才が語った、あんなこと、こんなこと」と題して寄稿しています。ぜひチェックを!

2016/10/5
NHK総合「四国えかこと!」【四国4県のみで放送】で10月9日(日)13時05分から「忘れちゃイヤーンぼくフクちゃん」放映。 マンガ家・横山隆一さんと手塚治虫との交流も紹介される予定です。

2016/9/30
NHK FM「手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽」11月3日(木・祝)21時〜放送!
「手塚治虫の漫画家デビュー70周年を記念して、NHKに残されている自身の肉声を紹介しながら、創作のルーツと音楽への思いに迫ります」とのこと。手塚治虫の肉声が、「マンガ」「音楽」「SF」の3つのテーマに沿って、関係者の証言を交えながら紹介されるようです。出演陣も豪華!
<M C>
濱田高志(アンソロジスト)
菊池亜希子(モデル・女優)
<ゲスト>
コムアイ(「水曜日のカンパネラ」ボーカル)
手塚るみ子(プランニング・プロデューサー)
難波弘之(作曲家・SF作家)
二階堂黎人(小説家)
樋口康雄(作曲家)
細野晴臣(ミュージシャン)
<ライブゲスト>
千住真理子(バイオリニスト)
山洞 智(ピアニスト)


2016/9/29
『手塚治虫文化祭~キチムシ‘16~』開催!
“手塚治虫しばり”で開催されるトリビュートイベント、キチムシが、今年も開催されます。会期は2016年11月3日(木・祝)~9日(水)、出展者は青木俊直/浅田弘幸/一本木蛮/開田裕治/上條淳士/きはらようすけ/桐木憲一/島本和彦/玉村ヘビオ/寺田克也/ DEVILROBOTS/電脳大工/TOUMA/とりマリ(とり・みき&ヤマザキマリ)/西野直樹/姫川明輝/モンキー・パンチ/山田雨月/吉元れい花&エ☆ミリー吉元という豪華な21組。これは駆けつけねば!


2016/9/26
NHK「探検バクモン」(爆笑問題)で、手塚プロダクションを紹介! 「手塚治虫 最後のアトリエ」9月28日(水曜日)午後8時15分~午後8時43分放映

2016/9/22
9月23〜25日に開催される東京国際ブックフェアには、手塚プロダクション、玄光社、国書刊行会、立東舎(リットーミュージック)が勢揃い。ぜひ遊びにいらしてください!

2016/9/15
さいたま市立漫画会館 企画展示室にて、「手塚治虫とっておきの漫画」展開催