魔法屋敷

商品画像

藤子不二雄Ⓐ氏旧蔵の直筆未発表原稿も収録!
手塚治虫の初期作品『魔法屋敷』の決定版が登場!

2022年8月に「読売新聞」社会面(1面)トップにて報じられ話題となった、藤子不二雄Ⓐ氏が大切に保管していた原稿、それが『魔法屋敷』の未発表原稿でした。氏が生涯手放すことなく手元に置いていたこの原稿の存在は、『まんが道』の手塚治虫と藤子不二雄の交流エピソードを実証するものとして大きな話題となりました。しかもそれがリメイクのために描かれた未発表原稿という点からも、漫画史上この上なく貴重かつ重要な資料であることが分かります。本書は三玉書房版(1951年)の『魔法屋敷』を底本に初復刻、この未発表原稿40枚すべてを巻末に掲載した決定版。本書によって、これまで描き版(*)でしか知り得なかった執筆時の手塚自身の筆致と巧みな構成力を明らかにします。

*原稿をもとに職人の手を経て描き起こされた製版法

【CONTENTS】
『魔法屋敷』(三玉書房版)
『魔法屋敷』未発表原稿
解題 濱田髙志

手塚 治虫(てづか おさむ)

1928年、大阪府豊中市生まれ。兵庫県宝塚市で少年時代を過ごす。46年マンガ家としてデビュー。翌年発表した「新寶島」等のストーリーマンガにより、戦後マンガ界に新生面を拓く。62年アニメーション作家としてデビュー。翌年から放映したテレビアニメ「鉄腕アトム」により、テレビアニメブームをまきおこす。89年2月9日没。

著者
手塚 治虫
定価
4,950円(本体4,500円+税10%)
仕様
B6判 / 224ページ
発売日
ISBN
9784845638673

一覧へ戻る