日本のポータブル・レコード・プレイヤーCATALOG

奇想あふれる昭和の工業デザイン

商品画像

見ているだけで楽しくなる、111台の総天然色写真集

1960〜70年代を中心に製作されたポータブル・レコード・プレイヤーは、市井の人々が音楽を楽しむ機器として、“作り捨て”のように大量生産され、時代とともに“使い捨て”られてきた、時代の徒花のような製品です。しかし現代の目で見てみると、小さい筐体にいろいろな機能(ラジオ、カセットからエコー、リズム・ボックス、鍵盤まで)を詰め込むことで、デザイン的にも面白く、フォルムだけでも楽しめるような製品も多くあります。
本書では、そんなポータブル・レコード・プレイヤーを111台も召喚し、美麗写真(総天然色!)でお見せします。

【CONTENTS】
■PART1 ポータブル・プレイヤー前史
■PART2 爛熟のポータブル・プレイヤー全盛期
■PART3 おもしろプレイヤーあれこれ
■かわいい、おもちゃプレイヤーたち 岡村みどり・談
■雑談 田口史人+湯浅学

著者
田口 史人
定価
2,700円(本体2,500円+税)
仕様
A5判/ 240ページ
発売日
ISBN
9784845627226

一覧へ戻る