立東舎文庫

生きているジャズ史

商品画像

楽しみながら学べる「ジャズの歴史書」

名著として長い間読み続けられている、ジャズ評論家・油井正一氏の1冊が、ここに復刊! ジャズという音楽の歴史を、創世記の時代状況から有名アーティストのエピソード、さまざまなスタイルの栄枯盛衰、背景にある人間模様や人種問題までを織りなして語る、楽しんで読める「ジャズの歴史書」です。

■はじめに
■ジャズ史の背景
■初期のニグロ・ジャズメンたち
■ルイ“サッチモ”アームストロングを分析する
■エメット・ハーディという男
■ジャズにおける人種的偏見
■レコードをききながらの妄想
■ジャズ・ヴォーカルの変遷と鑑賞
■ジャズにおける模倣の問題
■ブギー・ウギー物語
■ジーン・クルーパ物語 ――シカゴ・ジャズの一断面――
■ベニー・グッドマンという男
■エディ・コンドンという男
■ウディ・ハーマンという男
■ディキシー・ランド・スタイル
■ディキシーランド・リヴァイヴァル
■カナ書き談議
■デューク・エリントンという男
■クール・ジャズ
■モダン・ジャズに関するノート
■ジャズの将来について
■ファンキー考
■チャーリー・パーカーの死の瞬間におけるモダン・ジャズ界を斬る
■一九六七年のジャズに思う
■一九八八年のジャズに思う

◎文庫版解説:菊地成孔

著者
油井 正一
定価
972円(本体900円+税)
仕様
A6判/ 400ページ
発売日
ISBN
9784845628469

一覧へ戻る