立東舎文庫

ジャコ・パストリアスの肖像

商品画像

自他共に認めた“世界最高のベース・プレイヤー”の光と闇

フレットレスのフェンダー・ジャズ・ベースという愛器を操り、これまでの概念を覆す唯一無二のプレイで、ベースという楽器の可能性を広げ、その後のミュージシャンたちにも多大な影響を与えた伝説のベーシスト、ジャコ・パストリアス。彼の音楽の原体験から、ベースという楽器との出会い、ミュージシャンとしての輝かしい栄光、そしてあまりに悲劇的すぎる最期へと続く、激しく刹那的な35年のストーリーが、数多くの有名ミュージシャンの証言を交え語られていく。天才ベーシストの、成功への足跡はもちろん、その後に訪れた闇をも克明に描いたリアル・ストーリー。すべて音楽ファンに贈る一冊です。

【CONTENTS】
■序章:ジャコ——人と神話——
■第一章:若き日々
■第二章:オン・ザ・ロード
■第三章:ウェザー・リポート
■第四章:ワード・オブ・マウス
■第五章:失意の時代
■第六章:終焉
■第七章:ジャコの思い出
■第八章:ジャコふたたび

著者 プロフィール

ビル・ミルコウスキー

ニューヨーク在住のフリーランス・ジャーナリスト。レギュラー寄稿者として『ダウン・ビート』『ギター・ワールド』『ギター・プレイヤー』『ジャズ・タイムス』『モダン・ビート』といった雑誌で記事を執筆している。また日本の『ギター・マガジン』『ベース・マガジン』『リズム&ドラム・マガジン』『キーボード・マガジン』『サウンド&レコーディング・マガジン』などでも活躍中。
1954年9月26日、ウィンスコンシン州ミルウォーキー生まれ。ウィンスコンシン州立大学ジャーナリズムを専攻した後、音楽評論家として『ミルウォーキー・ジャーナル』に就職。そのかたわらで、1977年から1979年まで週刊誌『シティサイド』を発刊する。1980年、ニューヨークに移り、週刊エンターテインメント情報誌『グッド・タイムス』の主筆として活動。1982年からは独立してフリーランス・ライターとなり、ロック、ジャズ、ブルース系の記事やインタビューを主に、多くの出版物で執筆をしている。その後活動の拠点をニューオリンズに移したが、再度ニューヨークに戻り、さらに活発に活動中。
またギタリスト、ベーシストとしても数々のバンドでのプレイ経験があり、ニューヨークを拠点にした活動を行なっていた。
ジャコ・パストリアスとは1982年に知り合って以来、1987年9月21日のジャコの死まで友人として付き合っていた。
著者
ビル・ミルコウスキー(著)、湯浅恵子(訳)
定価
972円(本体900円+税)
仕様
A6判/416ページ
発売日
ISBN
9784845628087

一覧へ戻る