月と幻想科学

商品画像

稀代の碩学2人が語った月にまつわる文学、科学、神秘主義、そしてタルホ

「たぶん月は、われわれが“等身大”に思考できる対象のうちで最高のものじゃないでしょうか?」。ギラギラの太陽ではなくあえて冷え冷えの月をテーマとして、若き日のアラマタ、セイゴオ両氏が古今東西の作品やエピソードを語り尽くす。ホフマン、ノヴァーリス、サミュエル・パーマー、ユング、ラフォルグ、マクスウェルの悪魔、フランソワ・ジャコブ、イエイツ、フランシス・ジャム、ジョン・キーツ、宮本正太郎、コールリジ、ジャック・スミス、ディドロ、ジョージ・バークリー、宮沢賢治、萩原朔太郎、トマス・モア、アリスター・クラウリ、ヴェルヌらを介して語られる、まさにルナティックな世界。

◎解説:岡和田晃
◎カバー写真:右近倫太郎

※この作品は、1979年に工作舎プラネタリー・ブックスの1冊として単行本で刊行されたものです。

著者
荒俣 宏、松岡 正剛
定価
864円(本体800円+税)
仕様
A6判/ 160ページ
発売日
ISBN
9784845627707

一覧へ戻る